読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白きことは良きことなり

拙く未熟なiOSエンジニアの備忘録と戯言

PlayStation VRの体験

PlayStation VRの1次予約〜3次予約が見事Amazonとヨドバシで全敗したものの、
半分自棄になって発売日前日からヨドバシカメラに並んで購入しました。

気になっていたものの、実際体験としてどうなのだろうという興味本位から
VR界では安くとも値段としてはそれなりの53,000円と等価交換しました。

10日程経ち、熱も落ち着いたところで感想を書こうかと思い記事にしました。

VRを正直舐めてたと言わざるをえない!
これは体験した人しか本当にわからないし、想像できないものだと思う。

いつもの平面的画面から突如ゲームの世界に突入したかのような錯覚する感覚と
確実にゲームのその場に画面越しではない自分が存在しているかのような体験。


この体験をどうにか少しでも伝えることを出来ないものかと思い、
ブロードキャストを行ったり、スクリーンショットを撮ってみましたが、
PlayStation VR越しでなければ全部画面を通して平面的になるので伝わらないですね。

興味ある人に限らず、興味ない人も体験会や友人知人の持っている人にやらせて貰い、
新しい体験を体感してもらいたいと思ってます。

プレイしたゲームと各々の感想を以下に連ねます。
PlayStation VR WORLDS
Ocean Descent(オーシャン ディセント)とVR Luge(VR リュージュ)をプレイ。
Ocean Descentだけのために購入したも同然で、スキューバ体験できるかと期待してましたが、
実際は何も操作できず、なすがまま海溝まで降りたりサメに襲われたりするだけです。

だけと書いているものの実際はゲームとわかっていつつもサメに襲われる時は、
冷や汗ものだったり、水中ということもありなんとなく息苦しさを感じました。
また、下から湯気?のようなものが立ち上がってくる時は、自分だけかもしれませんが、
硫黄のような匂いを感じる錯覚すらあり、疑似体験としては十分なものでした。
f:id:aryzae:20161023225311p:plain
f:id:aryzae:20161023225306p:plain
リュージュは、スクリーンショットないですが、壁にぶつかると脳が揺れるような錯覚や、
ジャンプしている時、浮遊感があり凄かったです。酔うタイプのゲームなので、長くプレイできません。

アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション
そこにうさみんが居て、踊っている!ライブにまさに参加しているかの感動が素晴らしかった。
また、デレマスをVR用に焼き直したものと侮っていたら
各キャラクター毎に振り付けも異なっているこだわりがありスタッフの熱の入りようが良いなと思いました。
個人的にはきらりの巨体を見たかったですが、DLC待ちですね。
f:id:aryzae:20161023225332p:plain
f:id:aryzae:20161023225341p:plain

サイバーダンガンロンパVR 学級裁判(デモ)
躍動感ある学級裁判は面白かったです。キャラクターが跳び蹴りかましてたりとかね。
霧切さんを見つめると見つめ返してくれるので、少しドギマギしたり、
葉隠の毛髪のボリュームの多さに圧倒されたり、朝比奈さんのボリュームある胸に圧倒されたり…。
残念なのは、目と口がのっぺりしていて凹凸がなく変に人工的に感じられたところかな。
最後のおしおき体験は良かったです。
f:id:aryzae:20161023225430p:plain
f:id:aryzae:20161023225437p:plain
f:id:aryzae:20161023225445p:plain

サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム
前評判だけはとても高く話題性のあったサマーレッスン。
VR全般的に言えることですが、決してシャープにくっきりはっきりとした映像があるわけではないです。
そのため、文字もややぼやけてたりするんですが、大抵のVRソフトは気にならないものの、
サマーレッスンだけは一番ぼやけ具合酷く視力が悪くなったのではないかと錯覚する程度。

初対面にも関わらず、やたらフレンドリーすぎるやりとりもあり、共感も感情移入もできなく
退屈な作業ゲーでした。目や口はダンガンロンパと違い、ちゃんと凹凸があってより人間味はあり、
女の子と対面している感じはありました。
f:id:aryzae:20161023225539p:plain
f:id:aryzae:20161023225545p:plain
f:id:aryzae:20161023225552p:plain

Don't be Afraid -Biohazard® × L'Arc-en-Ciel on PlayStation®VR-
ソニーのカンファレンスで発表され、少し期待していたものの非常にがっかりしたソフト
Don't be Afraidの歌詞が空間上に表示されたり、バイオハザードの世界観の装備をしたラルクメンバーの
モデルを眺めるだけ。
てっきりDon't be AfraidのPVがバイオハザードの世界観でVRとして見られるのかと思っていただけに肩透かしが酷かった。

初音ミク VRフューチャーライブ(体験版)
初音ミクのライブはいったことないので、わからないですけど、こんな感じなのかなー?
というのを体験できた感じ。
映像+リズムゲーでサイリウムをテンポよく振ったり、突如飛んでくるノーツを押すソフト。
初音ミク音ゲーであるProject DIVAをVR化した感じですかね〜。
個人的には、Project DIVAをやっていなかったりボーカロイドの曲に興味がないので、体験版のみで満足しました。


PlayStation VRは装着を正しく行わないと、映像がぼやけたり、目の前が曇ったりするので
そこらへんの調整に慣れが必要ですが、誰でも気軽にVR体験をできるので今後の展開に期待したいです。
現状ミニゲームやデモ、映像のみのソフトしかない印象なので、ガッツリとしたフルプライス作品を
心待ちにしています。
次はイーグルフライトローラーコースタードリームあたりをやりたいなー。